Home>>【開業前に】医療機器/事務機器>>賢い電子カルテ選びのポイント
鶴田 真一郎
株式会社ユニコン 代表取締役

賢い電子カルテ選びのポイント

電子カルテの機能は千差万別


電子カルテは診療録を電子ファイル化するものですが、文字情報だけでなく、画像や検査データなどの診断に欠かせない情報も管理する必要があります。また、我が国は国民皆保険制度ですから、診療報酬請求データも作成できなければなりません。
さらに、医療機関は、病院や診療所などのカテゴリーや診療科、専門性により診療内容が違うため、電子カルテに求められる機能も千差万別です。そこで、最も数が多い無床診療所に求められる電子カルテの機能をご紹介します。


無床診療所の初診患者診療に必須の機能

 
診療所は地域のプライマリケアの拠点です。初診患者が多いという特徴があります。初診患者の診療に必要な機能は次のとおりです。

① 患者登録(新患の属性や保険変更を登録します)
② 問診票(新患の既往歴や初診の主訴を登録します)
③ 問診支援(主訴、所見の入力を迅速に行えるよう支援します)
④ シェーマ(患者の病態や病状説明に使用する図の作成)
⑤ 各種処方(投薬、検査、処置などの処方と処方箋)
⑥ 傷病名登録(診断した傷病名を登録)
⑦ 処方チェック(処方薬の添付文書による相互作用や禁忌のチェック)
⑧ 外注検査依頼(外注検査依頼票作成)
⑨ 医療文書(診療情報提供書などの文書作成)
⑩ 窓口会計(カルテ情報をもとに診察料、各種管理料、加算などを自動算定して、領収証、明細書も同時に作成)

以上が、初診患者(新患含む)の診療で電子カルテに必要な機能です。機能のいくつかの例を図でご紹介します。


新患登録機能です。性別、生年月日、保険情報(公費を含む)、住所、電話番号などの基本データを登録します。


問診票です。当日の症状、バイタル、既往歴、アレルギーの有無などを登録します。


シェーマ機能です。テンプレートの絵や写真に患者の症状を記入します。


処方チェック機能です。相互作用や禁忌は自院と他院の処方の比較も行います。また、後発品検索や添付文書の表示も一般的です。