Home>>【開業前に】事業計画/資金調達>>開業時借入金には保険が必須! 保険選びのポイントを紹介します。
石川 辰雄
医業経営コンサルタント・国際上級ファイナンシャルプランナー

開業時借入金には保険が必須!
保険選びのポイントを紹介します。

開業資金調達のために必要なのは生命保険?

開業資金調達が決まれば、万一時に備えて生命保険を加入することになります。既に加入している保険があるから、と思われがちですが、医院開業によって新たに生じたリスクですので、新たな保険加入による対策が必要となります。

住宅ローンのように団体生命保険が付いてないので、もし対策なく万一が発生すると、借金は残ってしまい、既加入の生命保険金は借入金で相殺され、ご家族には1銭も残せなかった、ということにもなり兼ねません。
それも、借入先の金融機関によって対応が異なりますのでタイプ別にみていきたいと思います。

借入れ金融機関・状況別での注意点

①日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)で借入れ、残りを民間金融機関で借入れた場合
日本政策金融公庫での借入れには団体信用生命保険が付加されています。(知らずに加入されないケースもありますのでご注意ください)ですが、民間金融機関(銀行など)での開業ローンには団体信用生命保険は付加されていないので加入が必要となります。



②借入れ先の金融機関(銀行など)から事後の生命保険の加入を薦められた場合
これは勿論、生命保険加入をしなければなりません。生命保険選びのポイントは後述します。

③借入れ先の金融機関(銀行など)に生命保険証券の担保差し入れを求められた場合
この場合が一番危険です。金融機関側は不良債権化するリスクが無くなりますが、先生側にはリスクが残ったままの状態なのです。担保差し入れのことを「質権設定」と言いますが、解りやすく言えば保険金の受取人の第1順位が金融機関に書き換えられ、保険証券も金融機関保管という状態となります。これでは返済終了までは保険の見直しもままならなくなります。

更に、「新たな保険加入なく今までの保険が使えた~」と喜んでいる先生もたまにおられますが、万一の時にご家族に1銭も残せなくなる場合はこのケースなのです。
今まで加入していた保険は「ご家族のため」でしたが、「金融機関のため」の保険に変わってしまいます。よほど大きな加入金額で、借入額を差し引いてもご家族に十分な額を残せる場合を除き、別途生命保険に加入されることをお薦めします。

では、加入される保険はどういったものが良いかと言うと、借入金額の減少にあわせて保険金額も減っていく保険、種類は逓減定期保険、収入保障保険が合理的かつ保険料も安く加入ができます。

現在は保険料の自由化により各社様々な保険料設定があります。定期保険では2割から最大5割も保険料が異なってきますので、同じ掛け捨てであれば安い方が良いはずです。面倒ですが最低でも数社の見積もりをとって判断されるのが良いと思います。単純に安い会社、非喫煙だと安い会社、さらに健康体であれば更に安い会社と様々です。

また、一定額までは書面告知のみで加入できますが、通常は医師診査が必要となります。血圧、検尿、身体測定、問診が標準ですが、非喫煙や健康体などのリスク細分タイプでは、喫煙検査や血液検査まで必要となります。また、保険会社によっては将来貯蓄性の保険に無告知無診査で変更できるところもあります。単純に安いだけでなく、お身体の状態や将来の活用の仕方によって「自分の条件にとって一番いい」保険を選ぶことが重要です。

銀行や税理士任せでなく、保険のプロに相談することをお薦めします。

アドバイザー情報


医業経営コンサルタント・国際上級ファイナンシャルプランナー
石川 辰雄(イシカワ タツオ)

保険業界20年。開業医専門。医業経営コンサルタント資格、CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)資格保有し、 外資系保険会社に勤務。
2013年度MDRT会員(世界の保険・金融サービスのトップクラスで構成する組織)。 開業から法人化、継承リタイヤ、 相続までと幅広くご支援させて頂いております。

アドバイザーに質問する・相談する