Home>>【開業前に】開業地・物件>>知っていて役に立つ開業場所選びのポイント
谷口 敏也
株式会社ユヤマ 地域医療支援室 メディカルコーディネーター課長

知っていて役に立つ開業場所選びのポイント

診療方針で立地の候補が変わる

開業場所を選定する場合のポイントは様々ですが、各先生方の診療科目や診療方針によって異なってきます。
周辺人口の多さやバッティングする施設がない(もしくは少ない)事を考慮するのは当然ですが、その地域の特性(住宅地、商業地域等)を考慮し、ターゲットとする患者さんを多くつかむ事が大事です。

例えば同じ消化器内科の標榜でも、診療の中心を『内視鏡』などに特化していく場合は、遠方からの患者さんや広範囲の先生方からのご紹介患者さんの来院が期待できるため、交通アクセスのよい場所であれば雑居ビルの高層階でもよいでしょう。しかし、プライマリーを目指し地域密着型でいくならば、夜間人口の多い場所で視認性の高い場所を選ぶべきです。

 

診療所開設の形態

次に診療所の形態は、大きく分けてビルにテナントとして出店するか、戸建の診療所を建設するかの二通りがあります。都市部にはテナントビルも豊富にありますが、地域によっては診療所に適した建物がない場合も多いようです。
そういった時は戸建診療所の建築になるわけですが、建築するための土地をどうするか?という問題が発生します。戸建診療所の場合は、建物用の土地に加えて駐車場用の土地も必要になり、土地を購入すると初期費用も莫大になるので、定期借地制度を利用できる土地を選択することが主流となっています。

最近では、地主さんに建物を建築してもらい、賃貸物件として入居する『ドクターズレント方式』という方式も多々行われています。この方式を利用するには地主さんとの交渉や綿密な打ち合わせが必要となりますので、この方法を熟知したパートナーを見つけることが大切となります。

一方ビルにテナントとして入居する場合も、立地はともかく賃料の問題や占有面積の問題、水廻り(配管)の問題、床の対応加重強度の問題、天井高の問題、入居階数への導線の問題等々チェックする項目が多数あります。立地や賃料設定が気に入ったからといって安易に契約せず、その建物が診療所開設に適している構造を持っているかを十分に調査する必要があるでしょう。

 

最近主流になりつつある『医療モール』について

また、昨今多く開発されるようになった『医療モール』ですが、行政が方向付けを行っている地域医療体制を考えれば軽視できない物件だと考えます。

『医療モール』を選定する場合に重要なポイントは
立地が自身の診療方針に合っているか?
患者さんの導線はよいか?
連携のとり易そうな先生方(診療科も含めて)が入居しているか?
モール全体を管理してくれるところがあるのか?
診療科の数は適正か?(空きテナントを抱えたままの運営になりそうではないか?)
だと考えます。

私は、物件企画開発時には特に④を重要視しています。ただ単に診療所が並んでいるだけでは本当の『医療モール』とは言えません。モール全体の運営・管理者を置き、例えば共用使用部屋などを有して『地域の皆さんのための健康セミナー』を開催実施(講師はモールに入られている先生方を交代で行って頂く)する等の企画・運営を行ったり、入居されている先生方の定期情報交換会を主催したりといった『医療モール』全体を動かす役目を担う機能がある。このようなモールが今後患者さんをより多く集め繁栄していく『医療モール』だと考えているからです。

信頼できる相談者を

最近の診療所経営は以前のように順風満帆でスタートしづらくなっています。新規開業を成功させる為には先生方に適した場所選びと余裕のある資金計画が必須条件です。

先生方一人の判断ではなく経験豊かで信頼できる相談者とパートーナーシップを組み、場所選びを行うのがよいでしょう。

アドバイザー情報


株式会社ユヤマ 地域医療支援室 メディカルコーディネーター課長
谷口 敏也(タニグチ トシヤ)

1988年に関西の地元医薬品卸に就職し病院を担当。15年の経験を積み重ねるうちに医薬品の販売以外に病院経営のアドバイスも手掛けるようになる。その後医薬品卸の再編の中、同社を退職、医療コンサルティング会社や病院事務長を勤めた後、株式会社ユヤマの医療コンサルとして開業支援・医療経営支援業務を行っている。

アドバイザーに質問する・相談する