Home>>【開業後に】経営>>異業種に学ぶ医院経営塾(2)
佐久間 洋
 
株式会社リスクマネジメント・ラボラトリー エグゼクティブ・アドバイザー

異業種に学ぶ医院経営塾
(2)百貨店~駐車場の案内ひとつでファンをつくる

案内状の「地図」に心をこめる

ある小売部門のあるショップが開店したときのこと。開店イベントの案内状を見て、感心しました。その理由は以下の通りでした。

1.駅からの行き方が分かる地図だった
通常、案内状には地図が載っているもの。多くが、店を中心にして周囲の地図を書くタイプです。一方、駅からの行き方で迷わないように、駅の位置が書かれている地図を用意していました。気が利いているだなという印象が残ります。

2.車でのお越しを遠慮してほしい理由をしっかり明記していた
さらに、都心部の店では「お車でのお越しはご遠慮ください」と書いてあるケースが多いようですが、この店はその文言の前に「駐車場が狭く、ご迷惑をおかけいたしますので・・・」という「理由」が書いてあったのです。人は、理由がわかれば納得できるようになります。理由もなく命令されると、何かしっくりしないものが残ってしまうものです。

3.遠慮をお願いしているが、車用の地図も掲載していた
それに加えて感心したのは、「お車でのお越しはご遠慮ください」と書いてあるにもかかわらず、この店の案内状には車で行く場合の地図が載っていたこと。店専用の駐車場が狭いことを配慮し、店の駐車場の位置以外にも近所の100円パーキングやビルの駐車場の場所までもが示されていました。それだけでなく、そのパーキングの入り口への道順まで、大通りから動線で丁寧に示してあったのです。きっとこの案内状を作った方は、駐車場探しで苦労したことがあるんだろうな、と想像してしまうほど、心のこもった地図だったといえるでしょう。

「ご遠慮ください」と言われいたとしても、どうしても車で行かなければならない人もいるものです。その地図がなかったなら、駐車場を探してウロウロしてしまうことでしょう。イベントの開始時間に遅れてしまう可能性もあります。お客様に来てほしい、しかも、間違いなく迷わずに来てほしいという思いから沸いてくる、ちょっとした気遣いです。

 

あなたのクリニックの地図をチェック

では、あなたのクリニックの案内はどうですか。

・駅看板や野立て看板 
・開業時に配布するリーフレット
・患者さんに差し上げる名刺大のカードや診察券
・ホームページなど

地図が登場するツールは多岐にわたります。それらのツールに、クリニックに併設されている駐車場の情報は書かれていますか? 以下をおさえておきましょう。

・何台駐車できるのか ・入り口は道路のどちら側か
・他に借りている駐車場がないか ・駐車場の番号は何番なのか
・近くの有料駐車場はどこにあるのか

いずれにせよ、「わかりやすく、よけいな心配なく来院できる」それが目指すべき点です。


駐車場の幅にも配慮が・・・

ある地方のスーパーマーケットでは、出来る限り多くの車が止められるように駐車場のラインを狭く引いて失敗した事例があります。お客様が思ったより来店しなかったのです。
そこで、思い切って他店よりラインを広く引き直してみました。すると、今度は予想以上の繁盛となったと言います。スーパーマーケットに来るお客様は女性が多く、駐車スペースが狭いのはとてもストレスだったのでしょう。

「患者さんに焦点が当たっているかどうか」の差がほんの些細なことから生まれます。
こういう細やかな気遣いの積み重ねが医院のファンをつくり、患者を増やしていくためにとても大切なことなのだと思います。

アドバイザー情報


株式会社リスクマネジメント・ラボラトリー
佐久間 洋(サクマ ヒロシ)

(株)アール・エー・システムズ(現シスメックスRA(株))ソニー生命保険(株)を経て、株式会社リスクマネジメント・ラボラトリーの事業拡大に参画。大阪支店の立ち上げに従事し、現在は同社の首都圏担当。セミナー活動も数多く行っており、医師協同組合向け医業経営セミナー、大手損害保険会社社員研修など多岐にわたる。
社団法人日本医業経営コンサルタント協会 認定登録医業経営コンサルタント(No.6466)。

アドバイザーに質問する・相談する