Home>>【開業前に】開業計画>>開業の成功の陰に「強力な協力者」あり
鈴木 慎一
株式会社エム・クレド 代表取締役

開業の成功の陰に「強力な協力者」あり

開業とは起業。経営者意識が必要


医院開業コンサルタントとして、開業を希望する医師に必ず聞くことがある。それは「何故、開業したいのか」「何をもって成功とするのか」ということだ。開業ブームが落ち着きある今でも、この二つが曖昧なまま、なんとなく開業したいと思っておられる医師は少なくない。開業の理想像が想い描けず、開業物件や開業スタイルに確信が持てないために、開業のベストタイミングを逃してしまうケースだ。

開業とは、当たり前だが起業である。起業ということは、事業計画、場所選定、資金調達、業者交渉、諸準備など全てを起業家である経営者自らが執り行うということだ。しかも、限られた入手情報の中で取捨選択して判断しなくてはならない。また、最終決断をするのはご自身であり、同時に責任が伴うものである。開業準備中でも経営者としてのセンスが問われる。
そこで、重要になるのが周囲のサポートだ。医師本人がコンセプトを明確にしたうえで周囲と共有すれば、サポート体制も整い、正の連鎖が起こりやすいものだ。

協力者を上手に選別・活用する


開業を決意し、これから物件などを具体的に決めていくという方におすすめしたいことがある。医療理念をもとに、開業地や時期、医療機器など思い描く開業イメージを紙面に書き出してまとめてみてほしい。そのうえで、開業の手順や実際の成功・失敗事例など、さまざまな情報を収集しよう。

現在は書籍やインターネットなどで情報を比較的簡単に入手できる。しかし、開業で最も有用な情報は、開業経験者である医師の“生の声”を聞くこと。それはなかなか難しい。

そんな時に活用してほしいのが、開業支援を行うコンサルタントだ。
多数の事例紹介はもちろん、開業準備に必要となるより良い情報を入手しやすく、開業の方向性も定まりやすい。また、多忙ななか、開業準備を一人で進めるという大変な労力を軽減するためにも、コンサルタントや各業者担当者の協力は不可欠。ただし、それぞれの協力者は得意分野には特化しているものの、一から十まで必要な作業を過不足なく行ってくれるとはかぎらない。

そこで、各業者間のタイムスケジュールも管理してもらい、司令塔になってもらえる経験豊富な協力者を味方にするのもひとつの手。協力者は、医師にとっての“強力者”にもなりうる。
医師自らの責任で決断する心構えは必要だが、協力者を上手に選別・活用することも医院開業の成功の一助となるだろう。


アドバイザー情報


株式会社エム・クレド 代表取締役
鈴木 慎一(スズキ シンイチ)

長年、大手医療モール開発会社で医師の開業に携わってきた経験を活かし、現在は同社で、独自のマーケティング手法を用いて医療モールの開発と医師の開業支援に従事している。また、リース会社への出向経験もあることから、資金調達にも強い。物件選定から資金調達、開業に至るまでの諸準備をオールマイティに支援し、開業の相談に応じている。

アドバイザーに質問する・相談する