Home>>【開業前に】スタッフ募集・研修>>雇用のミスマッチを防ぐには
三嶋 理佐
株式会社AIPコンサルタンツ

雇用のミスマッチを防ぐには

人(スタッフ)の問題は、診療所の永遠の課題

「人」に関する悩みは、クリニックを開業してからずっと離れられないものです。この重みは、開業されてからでないと実感できないかもしれません。今まで様々なお客様に「人」に関する悩みについてご相談を頂きました。その度にその対処や教育に関するお手伝いをさせて頂いております。

しかし、人に関することは、もっと上流、つまり採用に力点を置くことで大きく改善することが出来ます。「思っていた人材と違った」「スタッフがすぐ辞める」等、苦しい悩みを抱えるクリニックは、安易な採用を行っていることが多いのです。

あるクリニックでは、1年に10人ものスタッフが退職しました。以前はハローワークや折込広告で求人をし、問い合わせがあったら面接日に履歴書を持ってきてもらい面接、問題がなければそのまま採用というスタイルをとっていました。その結果、組織になじまないスタッフがクリニックの調和を乱す事態が頻発したのです。その原因は、人材採用であると気付き、下記のようにやり方を変更しました。その後、劇的にスタッフの定着率が改善されたのです。

求める人物像を紙に書いてみる


ご開業を決められた先生は、経営者として「こうしたい」と思うことがおありかと存じます。それを思いつくままに紙に書いてみましょう。それを実現するには先生お一人の力では出来ません。まわりの支えがなければならないのです。そのために、どんな人が必要なのか、どんな人と働きたいのかを紙に書き加えてみましょう。