Home>>【開業前に】スタッフ募集・研修>>実例から学ぶ!労務トラブルを防ぐ労務管理と就業規則
福島 省三
フクシマ社会保険労務士法人 代表取締役

実例から学ぶ!労務トラブルを防ぐ労務管理と就業規則

基本項目をチェック

《就業規則とは何か》
クリニックの憲法といえます。法令に沿って院内ルールを作ることで、労務トラブルを予防する効果があります。

《労働基準法による就業規則の提出義務について》
常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。(労基法89条抜粋)

《提出義務の参考例》
・常勤10人                               届出要
・常勤4人+パート6人                        届出要
・常勤5人+パート4人+専従者(又は法人役員)1人   届出不要

《就業規則に記載する内容》
3種類あります。
① 必ず記載しなければならない事項
絶対的記載事項(労基法89①1号~3号)
② 定めをした場合には、必ず記載しなければならない事項
相対的記載事項(労基法89①3号の2~10号)
③ 定めをする、しない、記載する、しないが自由な事項
=任意的記載事項(就業規則策定の目的、社是、社訓、経営理念、労使の信頼の形成などがあります)

絶対的必要記載事項とは》
① 始業及び就業の時刻
② 休憩時間
③ 休日
④ 休暇
⑤ 職員を2組以上に分けて交替に就業させる場合は、就業時転換に関する事項
⑥ 賃金の決定方法
⑦ 計算および支払いの方法
⑧ 賃金の締切および支払いの時期
⑨ 昇給
⑩ 退職に関する事項

(参考)
※労働契約上、労働の義務を負わない日を「休日」といい、労働の義務を負っているが、権利として労働から離れることができる日を「休暇」といいます。
また、労働日のまま就労させない日、あるいはしなくても差し支えない日は「休業日」として区別されています。
休日 … 原則毎週1回以上、または4週に4日以上の法定休日(労基法35)
休暇 … 年次有給休暇(法定)、慶弔休暇(任意)など

相対的必要記載事項とは》
① 退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定・計算・支払いの方法
② 臨時の賃金(退職手当を除く)、最低賃金
③ 労働者が負担する食事、作業用品その他の負担
④ 安全・衛生に関する事項
⑤ 職業訓練に関する事項
⑥ 災害補償・傷病扶助に関する事項
⑦ 表彰・制裁に関する事項
⑧ その他の事項

(参考)
※会社の内外で不祥事を起こした場合に科せられる制裁(不利益措置)のことを「懲戒」といいます。

《就業規則と労働契約の関係》
労働契約とは、各個人とクリニックの間で交わす個別労働契約書のことです。効力の優先順位は、優位のものから順に、①労働基準法、②就業規則、③労働契約という順になります。(労基法13・92・93)

労働基準法 >
 就業規則 > 労働契約

尚、労働基準法を下回る労働条件は無効となります。

以上のように、クリニックの労務管理を適切に行っていく為には、就業規則を作成・運用していくことが、一つの重要な鍵となります。


 

アドバイザー情報


フクシマ社会保険労務士法人 代表取締役
福島 省三(フクシマ ショウゾウ)

昭和29年生まれ。広島修道大学商学部卒後、商社勤務を経て平成元年1月、福島社会保険労務士事務所開業。
平成19年に特定社会保険労務士(ADRのうち、個別労働関係紛争解決の代理業務を行うことができる社会保険労務士)登録。各種助成金コンサルはもちろんのこと、職務職能給などの賃金体系の指導・相談、就業規則などの諸規定の作成も行っています。

アドバイザーに質問する・相談する