Home>>【開業前に】建築内装>>クリニック内装費削減のキホン(2)
高橋 邦光
株式会社ラカリテ 代表取締役

クリニック内装費削減のキホン
(2)ここをチェック! 空調設備のコスト

既存の空調設備を流用する際の問題点

開業物件がスケルトン(建物の柱・壁・天井のみで内装や設備はない状態)なら空調設備(エアコン)はない。開業医自身の負担で取り付けなくてはならない。

一方、事務所仕様のテナント入居ならもともとエアコンが付いており、「内装にかかる費用が軽減される」と思いがちだ。
しかし、クリニックの場合はそうとも言えない。

通常、事務所仕様の物件には「天井埋込型4方吹」(写真参照)が数台付いている。このエアコンは、事務所として使用するなら間仕切等で天井まで仕切ることは少なくため、さほど問題はない。しかし、クリニックでは隣の部屋に会話が漏れないよう、プライバシーに配慮しなくてはいけない。各部屋の間仕切等は天井まで必要となるので、エアコンの台数が足りず、増設が求められる。

そして、間仕切をするとなると、既存のエアコンでは容量が大きいという問題もある。大きい部屋にしか適さないのだ。


医院構造によって臨機応変な対応が必要

さらに、注意したいのが複数台のエアコンを一つのリモコンで操作するケース。
たとえば、日当たりのよい待合室で夏暑いからと温度を下げる。すると、同時に処置室の温度が下がってしまい、処置室が寒くなりすぎてしまうという事態になる。
スイッチの入切、温度調整がそれぞれの部屋でできないのは診療を行うクリニックにとっては致命的だ。既存のエアコンを天井内に隠ぺいして使用しないでおくか、処分するという選択肢もあるだろう。

エアコンの増設を考える際は、医院がどの階にあるかも問題だ。1Fなら外壁廻りに室外機を設置し、エアコン増設も難しくない。しかし、ビルの上層階の開業、特に屋上に室外機置場を指定されていたり、室外機置場のスペースが狭い物件は、1台の室外機で複数台のエアコンを動かせるシステム「ビルマルチエアコン」という高額な設備を導入しなくてはいけない。導入費はクリニックの大きさにもよるが、空調設備工事で200-400万円程度だ。

ただし、このシステムなら各エアコンのスイッチの入切、温度調整が可能となる。制約の多い都心部でのテナント開業では広く導入されているシステムだ。室外機も大型になるので設置場所の確認も必要。事前に確認しておこう。

 

換気設備でコストダウンはできるか?

クリニックの場合、臭いが気になる「内視鏡室」や「レーザー室」などは通常より能力の高い換気扇の設置が不可欠。空気を外に捨てる分、外部より新鮮空気を取り入れる給気を設けなくてはいけない。その「給気」と「排気」のバランスを計算しておこう。ドアが開けにくくなったり、音鳴りがする原因になるのであらかじめ注意してほしい。

最近では患者さんのプライバシー保護のため、隣の部屋の会話が筒抜けになってしまう間仕切壁を天井まで立ち上げない設計方法は採用されていない。そのため、空調や換気設備の工事費を削減するのが難しくなるが、患者さんの立場を一番に考えた設計が大切だ。

そうはいっても、現地を調査してみなければわからないこともある。開業希望テナントを見つけたら不動産契約をする前に医療設計に詳しい専門家に調査をしてもらおう。どこでコストダウンできるのか、どのような問題があるのか、専門家の視点で見てもらうことをおすすめする。

 

 

アドバイザー情報


 
株式会社ラカリテ 代表取締役
高橋 邦光(タカハシ クニミツ)

英国ニューカッスル大学 経営学部卒業後、中国人民大学に留学し、平成13年10月に株式会社リチェルカーレを設立。
医療施設に特化した設計事務所、医療施設の建築設計監理、内装設計施工を行っており、最近では病院の放射線治療施設の設計施工も数多く手がけている。その後、2016年に株式会社ラカリテを設立。

アドバイザーに質問する・相談する