Home>>【開業前に】スタッフ募集・研修>>開業時 必須の『社会保険制度』
福島 省三
フクシマ社会保険労務士法人 代表取締役

開業時 必須の『社会保険制度』

社会保険制度とその役割について

社会保険制度とは、労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険の4つの制度をまとめた総称 です。
ちなみに、労災保険と雇用保険は併せて「労働保険」と呼ばれ、
健康保険と厚生年金保険は併せて狭義の「社会保険」と呼ばれています。


 
【Ⅰ 社会保険制度】

労災保険とは
労働者が業務上の事由または通勤によって、負傷したり、病気になったり、あるい  は死亡した場合に、被災労働者やその遺族を保護するため、必要な保険給付を行うものです。
ほかにも、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も 行っています。


雇用保険とは
労働者が失業した場合、および労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた 場合に、労働者の生活および雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため、 必要な給付を行うものです。
ほかにも、労働者の失業の予防、労働者の能力開発および能力向上、その他労働者  の福祉の増進を図るため必要な給付を行っています。


健康保険とは
働く人(被保険者)やその家族(被扶養者)が、業務外の事由で病気やケガ、出産、 死亡した時に、必要な医療や現金を支給して、生活を安定させることを目的にした制度です。
大きく分けると、農業や自営業を営む人たちが加入する「国民健康保険」、会社や工場、 商店などで働く人が加入する「健康保険」になります。
※国民健康保険のひとつ である医師国保については、後から説明いたします。


厚生年金保険とは
働く人が、高齢となって働けなくなったり(老齢)、あるいは何らかの病気やケガに よって身体に障害が残ってしまったり(障害)、大黒柱を亡くしてその遺族が困窮して しまう(死亡)といった保険事故に対して(保険)給付を行い、働く人とその遺族の 生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としています。

大きく分けると、20歳以上60歳未満の農業者や自営業者などが加入する国民年金 保険(第1号被保険者)、民間企業に勤める人や公務員などが加入する厚生年金保険 (第2号被保険者)に分けられます。ちなみに、民間企業に勤める人や公務員などに 扶養される配偶者も厚生年金保険に加入できます(第3号被保険者)。



 

社会保険の手続きについて

従業員を社会保険に加入させなければならない事業所は「適用事業所」と呼ばれ、
自身のクリニックが適用事業所となるかどうかを判断する必要があります。下記の表を ご参考下さい。
※健康保険や年金保険は、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ) で特定しております。

【Ⅱ 加入要件および手続き】